フリー サイト

QRコード 作成

Language :
QRコード 無料 作成
QRコード解説と作り方、使い方
推奨・読み取りアプリ読み取り方
作成の方法作り方
活用の事例活用事例集

作成
URLのQRコードURL
フリーテキスト自由テキスト
アドレス帳登録アドレス帳登録

デザイン QR 作成アイコン入り
cman QR 作成文字入り

高機能QR
メール作成 QRメール作成
地図のQRコード地図
QRコード 複数おまとめQR
ガラケー・スマホ振り分け端末振り分けQR

QRコード作成・便利ツール
QRコード changable可変QR
短縮URLツール短縮QRコード
QRコードプラグインブログパーツ

その他
QRコード FAQ
プライバシーについて

全キャリア、フィーチャーフォン・スマートフォン両対応作成

ガラケー&スマホ
両対応QRコード




QRスタンプ





よくある質問とその回答例です。QRコード&ケータイの達人を目指そう!

QRコードについて(その他)

Q 無償サイトと有償サイトの違いは?
A

有償サイト:QRのススメ for Business ( http://qr-biz.quel.jp/ )では

  • フォームで選択できるパラメータや、登録できる項目数などが多くなります
  • 一般的な形式から商用印刷クオリティ(EPS形式など)まで幅広くサポートしています。AI形式などの、ベクターデータにも対応しています
  • フォームのご利用に関し、ユーザーサポートがあります


Q 「QRコードは(株)デンソーウェーブの登録商標です」 と記載しなくてはいけませんか?
A QRコードの画像イメージのみ使用している場合は、登録商標の旨を記載する必要はないとのことです。
ただし「QRコード」という言葉を使う場合は、記載が必要になります。記載する場所は、どこでもかまわないそうです。※「2次元バーコード」「モバイル用コード」「モバイル用はこちら」という文言を使う場合は、記載の必要はありません。



Q 画像を使うのに料金はかかりますか?
A かかりません。

作成した画像の使用に関して、(株)デンソーウェーブは、一切請求しないことを公にしています。数ある2次元バーコード規格の中で、QRコードが普及しているのは、そのためです。
もちろん、当サイトも、画像の利用に対して皆様に一切の制限も請求もいたしません。

ただし、作成サービス(作成する機能、フォームのご利用サポート)の提供は有料となります。無償サイトの場合は、無料で作成できますが、サーバー資源の公平利用のため、商用利用に関しては一定の制限(自社用途に限定など)があります。



Q

作成したQRコードを印刷屋さんに持ち込んでもいいでしょうか?

A ご自由にどうぞ。

≪印刷関連業者の皆様へ≫
印刷請負業務でも、お客様からの持込であれば、とくに商用契約は必要ありません。(有償サービスでは、画質やサービス品質の面でお得です。一度導入をご検討ください)


Q エラー訂正とは何ですか?
A QRコードには、エラー訂正機能があります。そのため多少汚れたりして欠けたりしても、読み取ることが可能です。

エラー訂正レベルは「標準(低)・中・高・最高」の4段階あります。エラー訂正レベルを高くすればするほど、同じ情報量でもQRコードサイズは大きくなってしまいます。

なるべくサイズを小さくしたい場合は、エラー訂正レベルを最低のままにしておきます。最低レベルの設定でも、7%の訂正効果があり、実用的です。しかし、特に汚れる環境などでは、訂正レベルを中以上に設定します。

※エラー訂正レベルの設定は、サイズ調整の目的では使いません。

※ 無償サイト側は標準(低)で固定です。



Q QRコードの大きさは、どう決まるのですか?
A 大きさを決める要素は、たくさんありますが、
おおまかにいうと、下記のような流れになります。



▼1、詰め込む情報量:

 埋め込む文字のバイト数 ( LENGTH ) によって、段階的にSV(サイズバージョン)が変わります。
  SVが上がると、QRコードの黒い点(セル)の数が増えます。
 この表は、全角半角混在で、当サイト標準設定時のものです。

SV LENGTH
1 〜17
2 18〜32
3 33〜53
4 54〜78
5 79〜106
6 107〜134
7 135〜154
8 155〜192
9 193〜230
10 231〜271
11〜 携帯電話非対応



▼2、エラー訂正:

 作成フォーム内の設定項目です。
 高いほど、大きくなります  ≪通常は「低」:無償サイトは固定≫


▼3、セルのピクセル数:(比例)

 QRコードの黒い点(セル)1個あたりのピクセル数。
 大きいほど、画像としてモニター上で、大きいピクセル数の
 QRコードになります。



▼4、画像ソフトでの拡大縮小:

 適宜、調節してください。
 ただし、画像の鮮明さがだんだん落ちてゆきますので、
 作成フォームで調節して、なるべく近いサイズで作成します。
 主に、「QRコードサイズ(セルのピクセル数)」を調整します。

 作成画面(ウェブ画面)の解像度は低い( 72ppi ) ため、高解像度で
 配置する場合は、あらかじめ大きめで作成する必要があります。

 →(参考リンク)きれいな拡大縮小のために
 →(不鮮明になってしまったとき、Photoshopではシャープフィルタや2階調化により美観がUPします)

▼5、印刷設定やプリンタの解像度:

 設定に応じて、紙になって印刷された際の、大きさが変わります。


Q QRコードの大きさは、どのパラメータの影響を、最も受けますか?
A
効果としては、式であらわすと、
(1の基本サイズ + 2の付加分 )x 3の値 x 4の倍率 x 5の倍率 になります。



Q 自由文の文字制限は、なぜ270文字以内を推奨なのですか?
A

QRコードに入れられる文字数は、規格上はもっと多いのですが、携帯電話が「認識可能」な保証範囲は、SV:サイズバージョン10までと、決められています。バージョン10の場合の文字数上限は、全角半角混在の文章では、271文字(バイト)までとなります。

無償サービスでは、このことから余裕を見て 270文字以内としています。
有償サービスでは、256文字以内推奨、最大512文字になっています。最大文字数を倍にしている理由は、下記の4点です。

 ・ 数字のみの場合は文字数容量が増える( 652文字)ため
 ・ 英数字のみの場合は文字数容量が増える( 395文字)ため
 ・ 携帯電話以外の用途も考えられるため
 ・ 利用者が中上級者に限られているため

※上記の文字数制限値は、エラー訂正=L(最低)の場合です。エラー訂正強度を上げると、文字数の上限は、より小さくなります。例えば、エラー訂正=M(中)の場合、バージョン10全角半角混在で、271→ 213文字(バイト)までとなります。
※ 無料サイトのエラー訂正は、Lで固定です。




Q QRコードの認知率・利用経験率は、どのぐらいありますか?
A 併設のブログエントリーをご参考になさってください。
→ QRコードの認知率・利用経験率は、どのぐらい?


Q QRコードからi-mode用・ezweb用・vodafone用のファイルへキャリア毎に振り分けすることは可能でしょうか?
A QRコードの機能として直接という形では、
残念ながらできません。

追記: 2012年に、スマート振り分けQRを公開しました。お試しください。


Q 作成フォームで作ったQR画像を、直接リンクやIMGタグで呼び出してもいいでしょうか?
A

個人情報などセキュリティ上の観点から、作成したQRコード画像は一定の時間ごとに自動削除を行なっています。作成後は、お手数ですがその都度PCに画像を保存してお使いいただけますでしょうか。(作成結果画面に「保存する」ボタンをご用意しています)




有償サービス版サイトマップリンクについて
English: QR-Creator.com | スマートフォン: qr.quel.jp/sm
QRコード 作成 by 株式会社インフォリオ © 2004-2017 on 153.126.140.71
QRコードは株式会社デンソーウェーブの登録商標です