QRコードを読み取るだけで無線LANの接続先の登録ができます

接続用の情報



情報量には上限があります(57文字まで)

QRコード画像の調整


サイズや色などは、このステップで設定します。
上のボタンを押してください。

この作成フォームについてのQ&A


このサイトをつぶやく
  twitter 

使いみちと特長


お店などでWi-fiを提供するとき。自宅に来客があるようなとき。

QRコードを紙などに印刷しておけば、お客さんはSSIDを探したり、パスワードを入力したりする手間がかかりません
< 使用例 >

対応機種


Androidでは対応していない読取りアプリが一部あります。おすすめアプリは こちら
iPhoneでは、iOS11 以降は標準カメラで読み取れば大丈夫です

入力のヒント


暗号化方式がわからないときは、デフォルトのWPA2のままで試しに作成してご確認ください
SSID・パスワードがわからないときは、無線LANの親機にシールが貼ってあって、そこに小さな字で書いてあるケースが多いです
SSID・パスワードが長すぎて警告が出るときは、入力フォームの「画面中央にアイコン」をOFFにすると作成ができます

注意事項


作成後は、必ずご自分で読み取り確認と、Wi-Fi登録・通信までの動作確認をしましょう

メモ


QRコード画像の真ん中にアイコンを入れた場合は、EPS形式での保存はできません。PNG形式をご利用ください