みなさんから聞いたQRコードの活用シーン



モバイルサイトの集客に


Hさんは最近、PCサイトをモバイル化しました。チラシで集客を行うときに、このページ で作ったQRコードを掲載してアピール。アクセスが大きく増えました。

QRコードでお申し込み受付


Gさんは小規模なイベントを企画したのですが、ウェブ上にお申し込みフォームを設置するノウハウもお金もありません。

メール起動用QRコード を使って、本文に項目をいれておき、メールで直接お申込みを受付けることに成功しました。SNSにURLを告知したのも大成功です。

メールアドレスをQRコードに


PさんはメールアドレスをQRコードにしたのですが、アプリによって読み取り後の動作がバラバラ(リンクが反応しないなど)でクレームを受けてしまいました。

メール起動用QRコード を使ってみると、QRコードの中身自体はURLなので、全員に読み取ってもらえました。

いろんなSNSの自己紹介に


Bさんは twitter・Facebook・Instagram・Youtube など、自己紹介で伝えたいURLが4つもあります。

おまとめQR を使って、QRコードを一本化して名刺に貼り付けることが出来ました。

自分のブログにQRコードを表示


Sさんは ブログパーツ を使って、HTMLコードを貼るだけでQRコードを簡単に導入できました。

設置したページ(TOPページ以外の記事ページなど)のURLを自動的にQRコードにするタイプを選んだので、PCからスマホへの誘導もスムーズです。

スマホアプリの告知に


がんばってアプリを開発して、Android版とiOS版をリリースしたけれど、QRコードを2個も乗せるスペースがなくて困っていたインド人のAさん。

振り分けQRコードで、1つにまとめることができました。

QRコードのスタンプ


Wさんの会社では、自社モバイルサイトのURLを QRスタンプ にしました。

必要なときに、お好きな場所にポンポン押して、便利に自社PRしています。最近問い合わせも増えたそうです。

QRコードからのアクセス集計


XYZ社では広告からの効果測定のために、QRコード化するURLの末尾に「?xxx」などの識別子を付けて、Google Analytics で分析をしています。

最近ではもっと簡単に、短縮QRコード を利用して、bitlyによるアクセスのカウント統計を表示・分析しています。

キャンペーン終了告知にも対応


E社では今回、ABCDキャンペーンを実施する予定です。

しかし、12月31日でキャンペーンは終了となり、その後はQRコードを無効にしたいと考えています。

可変QRコード を使えば、終了後はメッセージを表示するだけにしたり、別ページに飛ばす(リンク先を変更する)ことができるので、便利に使えそうです。

名刺にQRコード


Fさんは、自分の連絡先をQRコードにして、名刺の裏面に印刷しています。スマホや携帯の アドレス帳に登録 してもらいやすいので、友達・知人が増えるかもしれません。

名刺の情報をスマホへ簡単入力


Jさんは営業でいただいた名刺の連絡先をスマホに入れようと思うのですが、スマホでは情報が入力しにくくて困っていました。

そこで一旦、PC版の このページ からパソコンのキーボードを使って入力。その作成QRコードを、スマホで読み取って登録しています。

ガラケーでも地図を表示


Kさんのお店は年配のお客さんも多いため、いまだにガラケーを無視できません。

地図情報をURLでお知らせする際には、地図QR を活用しています。すべての端末に対応しているので安心です。

いろんな事例がありますね。ブログでも最新の活用ケース を随時ご紹介していますのでチェックしてみてください。