スマホではアプリで読み取ります

Android のおすすめアプリ

iOS(iPhone/iPad) のおすすめアプリ


iPhone/iPadについては、iOS11から「標準のカメラアプリ」でQRコードの読み取りができるようになっています。

標準カメラアプリを起動して、カメラの範囲内にQRコードを写すと、自動的にQRコードを認識します(シャッターは押さなくてもいいです)。画面上部に、URLの表示が出てきますのでそれをタップします。

QuickMark / 無料
SimpleAct Inc.

ガラケーの場合 (フィーチャーフォン)


ガラケーの読み取りアプリはメーカーによって固定されています。その代わり動作が安定しているので安心です。

携帯電話のマニュアルでは、「2次元バーコード」「QRコード」として記載されていますので、わからないときは探してみてください。

機種によって若干差がありますが、内蔵カメラで読み取ると携帯電話がデータを自動的に取り出してくれます (決してカメラで写真をカシャッと撮るわけではありません。カメラレンズを利用してアプリから読み取るということです)。

通信会社 概要
DoCoMo アクセサリやツール、ライフキットなどから「バーコードリーダー」を選びます。
au アプリ一覧から「2次元コードリーダー」を起動します
Softbank メインメニューからカメラメニューやツール画面に進み「バーコード読み取り」などを選択します

上手に読み取るコツ


QRコードを画面いっぱいに写すより、少し離してでも、 ピントを合わせることが大切です。スマホとの距離を前後させてみましょう。
部屋は明るいほうが読み取りやすいです。
読み取りの向きは、上下左右に自由です。
読み取りがうまく行かないスマホアプリは、思い切って使うのをやめて、別のアプリに変えましょう。

アプリによって読み取り性能に差があります。広告が多いもの、頻繁にアップデートを要求するアプリ、権限をやたら求めてくるアプリも、怪しいのでアンインストールしましょう。