お役に立ちそうなテーマについて解説しています

動画をQRコードにする方法



撮影した動画を、みんなに見てもらいたいときってありますよね。
そんなときに、QRコードが活躍しそうに思えます。

でも、その際にネックとなるのは、

QRコードに動画は保存できない!!

ということです。

なぜなら、QRコード化ができるのは、
基本的に「URL」などの文字情報だけだからです。

つまり、あなたのムービーをQRコードにするには、以下のステップが必要となります。

 (1) 動画をどこかにアップロード(保存)する
  ▼
 (2) それを共有(公開)して、そのURLを取得する
  ▼
 (3) URLをQRコードにする。
  これは 当サイト で簡単にできますね。


問題は、(1)(2)です。
どこにアップロードするか?によって、
方法が異なるので、ここでは 4通りを紹介します。




Youtube にアップロードする

Youtube のアカウントを既にお持ちの方は多いのではないでしょうか。
https://www.youtube.com/

Youtubeでしたら、自分の動画をアップロードするのは簡単にできます。

アップロードした後に、公開の設定を「限定公開」にしましょう。
そうすれば検索などで探されることもありませんし、
あなたのYoutubeページにも現れず、外部からは見つけられない動画になります。

動画をアップロードした後には、URLが割り当てられているはずですので、
それをQRコードにしましょう。
限定公開ですので、URLを知っている人(QRコードを読み取った人)だけが動画を再生できます。

ただし、動画は Youtube の画面フォーマット内で再生されることになります。
したがって、動画を見る人からは、あなたがアップロードした際の Youtubeアカウント名が見えますので、公開用のYoutubeアカウントを利用しましょう。




Googleドライブ にアップロードする

おすすめの方法はこちらです。

Googleのアカウント(IDとパスワード)を持っていれば、
誰でも、Googleドライブが利用できる状態です。
https://drive.google.com/

 動画をGoogleドライブにアップロード(保存)をします : 詳細
  ↓
 「共有」を選択して、アクセスできるユーザーを
 ファイルへの「リンクを知っているもの全員」にします。 : 詳細
  ↓
 共有のための URL(リンク)をコピーします
  ↓
 URLを当サイトで QRコード化 します

URLを知っている人(QRコードを読み取った人)だけが
動画を再生できます。

※ 現状では、動画を見る人からは あなたの Googleアカウントの一般名(ニックネーム)が確認できますので、公開用のGoogleアカウントを利用しましょう。



Googleフォト にアップロードする

Googleのアカウント(IDとパスワード)を持っていれば、
誰でも、Googleフォト が利用できる状態です。
https://photos.google.com/

 動画をGoogleフォトにアップロード(保存)をします
  ↓
 ファイルの作成日付のところに
 動画ファイルが保存されています。
  ↓
 動画の再生画面でメニューから「共有」を選択して
 「共有リンクの作成」をします。
  ↓
 リンク(URL)が生成されますので、
 そのURLの文字列をコピーします
  ↓
 URLを当サイトで QRコード化します

URLを知っている人(QRコードを読み取った人)だけが
動画を再生できます。

※ 現状では、動画を見る人からは あなたの Googleアカウントの一般名が見えますので、公開用のGoogleアカウントを利用しましょう。



iCloud にアップロードする

Macを使っている方は、こちらのほうが馴染みがあるかもしれません。
ただし、アルバム単位なのでちょっと煩雑です。

 写真アプリを起動します
  ↓
 共有アルバムを新しく作ります
  ↓
 共有アルバムに動画を追加します
  ↓
 アルバムの設定から、
 「公開Webサイト」にチェックを入れます。
  ↓
 リンク(URL)が生成されますので、
 そのURLの文字列をコピーします
  ↓
 URLを当サイトで QRコード化します

URLを知っている人(QRコードを読み取った人)だけが
動画を再生できます。

※ iCloudにはその他の方法もあります。
iCloud.comの写真にある写真とビデオを共有
iPhoneで写真やビデオを共有する
  写真アプリ ⇒ 動画を長押し ⇒ 共有 ⇒ iCloudリンクをコピーする。
  この方法がお手軽。ただし、30日後に自動的に期限切れになります。
iCloud Driveのファイルとフォルダを共有する




それぞれの詳しい方法は、他の多くのサイトで紹介されていますので
探してみてください。

ポイントは「限定的な共有」からの「URL取得」です。
他にも良い方法があったら教えてください。


このサイトをつぶやく
  twitter