お役に立ちそうなテーマについて解説しています

QRコードのサイズはどうやって決まるのか?


大きさを決める要素は、たくさんありますが、
おおまかにいうと、下記のような流れになります。



▼1、詰め込む情報量:

 埋め込む文字のバイト数 ( LENGTH ) によって、段階的にSV(サイズバージョン)が変わります。
  SVが上がると、QRコードの黒い点(セル)の数が増えます。
 この表は、全角半角混在で、当サイト標準設定時のものです。

SV LENGTH
1 ~17
2 18~32
3 33~53
4 54~78
5 79~106
6 107~134
7 135~154
8 155~192
9 193~230
10 231~271
11~ 携帯電話非対応


▼2、エラー訂正:

 作成フォーム内の設定項目です。
 高いほど、大きくなります  ≪この無料サイトでは固定≫


▼3、セルのピクセル数:(比例)

 QRコードの黒い点(セル)1個あたりのピクセル数。
 大きいほど、画像としてモニター上で、大きいピクセル数の
 QRコードになります。



▼4、画像ソフトでの拡大縮小:

 適宜、調節してください。
 ただし、画像の鮮明さがだんだん落ちてゆきますので、
 作成フォームで調節して、なるべく近いサイズで作成します。
 主に、「QRコードサイズ(セルのピクセル数)」を調整します。

 作成画面(ウェブ画面)の解像度は低い( 72ppi ) ため、高解像度で
 配置する場合は、あらかじめ大きめで作成する必要があります。

 →(参考リンク)きれいな拡大縮小のために
 →(不鮮明になってしまったとき、Photoshopではシャープフィルタや2階調化により美観がUPします)


▼5、印刷設定やプリンタの解像度:

 設定に応じて、紙になって印刷された際の、大きさが変わります。




このサイトをつぶやく
  twitter