お役に立ちそうなテーマについて解説しています

QRコードを Photoshopできれいに拡大縮小するには?




フォトショップなどの画像加工ソフトで拡大縮小を繰り返すと、QRコードが徐々ににじんできます。これを避けるには、まず、できるだけ予定に近いサイズで作成して、その元データから1ステップの拡大縮小操作で加工します。これは基本中の基本。

では、画像の拡大縮小方法はどうしたら適切でしょうか?
画像の拡大縮小にはいくつかの方法(再サンプルの方法)があります。

 ・バイキュービック法
 ・バイリニア法
 ・ニアレストネイバー法

などですね。



例えば、Photoshopの画像解像度変更で、いずれかをリストで選べたりします。Photoshopのデフォルトは「バイキュービック法」ですので、このままの人も多いでしょう。通常は高画質なのでこの設定でよいのですが、QRコードにはちょっと向いていません。

QRコードの拡大縮小に、最も適しているのは「ニアレストネイバー法」です。くっきりと拡大縮小できます。

ある程度、画像が大きいときだけですが、サンプル方法を選べるようであれば、試してみる価値はあります。




※当サイトで、EPS形式で画像を保存することもできます。 (イラスト入りは除く)
EPS形式であれば、画像の劣化なく、拡大と縮小が可能ですし、イラストレーターとも相性がいいです。


このサイトをつぶやく
  twitter